HOME各部位の症状

腸脛靭帯炎(別名:ランナー膝)

膝の外側が痛くなり整形外科へ行くと、
腸脛靭帯炎とよく診断される症状です。
しかし、炎症が治まった後も痛みが続く場合があります。

炎症の痛みは、長くても1週間から2週間もあれば治まります。

1ヵ月経っても痛みが引かなかったり
走ると痛みが出る
歩くと痛みが出る
という場合は、慢性痛になります。
これは、筋肉が硬くロック(拘縮)してしまい、膝の外側の慢性の痛みになってしまいます。

膝の外側の痛みは主に、
大腿筋膜張筋腸脛靭帯ロック(拘縮)です。


ロック(拘縮)は安静にしたりしてても自然と解除されることはありません。

痛くない手技”ミオンパシー”で
筋肉のロック(拘縮)を解除し、
本来のあなたの筋肉の柔らかさへ戻していきましょう。




お問い合わせ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
新手技療法院 IRI-AID

【営 業 時 間】
15:00 ~ 20:00  
   (受付時間    14:30 ~ 19 : 00)

【 定  休  日 】 不定休
                   (時間外施術:要相談)
〒627-0032
京都府京丹後市
峰山町浪花5 街中小路2F

090-3724-7838 (いりえ)

当院は、完全予約制になっております。予約フォームから予約して頂けると大変助かります。

リザーブン 予約システム

※施術中は来られてる方の施術を優先させて頂きますので、電話に出ることが出来ません。ご理解の方よろしくお願いします。
お急ぎの方は、留守番電話にご用件をお入れください。確認後、折り返しお電話をさせて頂きます。